お金を増やすのは投資するべきか

最近では多くの人がお金を投資して増やすことに興味を持ってきました。理由として、最近まで日本は非常に景気が悪かったことから、銀行などにお金を預けてもほとんど期待する利子が入らなかったり、株式を購入したとしても値下がりが激しかったりと、仕事などを通じて稼いだお金を上手に増やしてくれる投資先がなかったからといわれています。

そうした中、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略であるアベノミクスにより日本の景気がこれまでの長いトンネルを抜けて大きく回復してきました。一例として、円安が続いたことにより、輸出産業である製造業を中心に大きく業績を伸ばしたことが挙げられます。こうしたことにより、大企業を中心に多くの企業で増収増益となり、そこで働く従業員の給料もこれまで以上に回復してきました。

給料が上昇したことにより、多くの人がその給料の一部を投資して増やそうと考えるようになってきたのです。一般的に投資活動と言っても、多くの投資先があります。例えば、株式や投資信託、不動産などの金融商品や、金や銀、プラチナなどの現物資産が一般的ですが、それ以外にもワインや絵画などの一般の人ではなかなか手が出せない金融商品もそうしたものの一つに挙げられます。

また、増えたお金を銀行などの定期預金や普通預金として預けるのも、利子が少なくお金がそれほど増えることは期待できませんが最も安全なお金の増やし方といえます。

お金を増やすにはいろいろな方法がありますが、その際に大切なルールがあります。それは自己責任とリスクが必ずあるということです。例えば、銀行に預けた場合、ペイオフ制度と言って1金融機関につき1,000万円まで元本が保証されるという制度がありますが、それ以上銀行に預けていたらその分は全額債権者に戻る可能性はあまりないというものです。

また、株式に投資をした場合、その会社の業績が順調なときは問題はありませんが、その会社が傾いたときは、株式の価値は下がり含み損を抱えてしまう可能性があります。また、その会社が倒産してしまった場合は、保有している株式は文字通り紙くずになってしまいます。

それ以外の投資信託や不動産売買にしてもリスクの大小にもよりますが、必ずリスクと言うものが存在します。仮にお金を投資を通じて増やそうとするのであれば、そうしたリスクがあることを十分承知の上でそうした行動を行う必要があります。

ブックマークサイト

無垢フローリングを店舗に

店舗にも天然素材の無垢を

過払い金を請求しよう

払いすぎた人は、戻ってくるお金の事です

マッキントッシュなどのオーディオ機器の買取をするなら

グローバルサウンドがおすすめ