部屋の雰囲気づくりに欠かせない間接照明ですが、直接照明とは違い壁や天井に光を照射しその反射した光により部屋のムードが良くなります。

今主流になりつつあるLEDライト・電球はそんなにいいのかというと、一度使ってみたくなるメリットがそれにはあるようです。

間接照明というものは多数のライトを使って部屋を照らさなくては全体的な明るさを得られないのですが、LEDライトは従来の白熱電球などよりも消費電力が少なく済み電気代がかからない点や、寿命が長いので長持ちする点などのエコな部分を含め、多数のライト使用時特にお得に使えます。

電球自体に直接触れても熱くないのも良くて、取り替え時に安全で安心です。

また、LEDライトは赤外線や紫外線の放射が殆どないので、壁に飾る絵画や棚に飾る装飾品をキレイに照らすのに、そのものにダメージを与えず使えるのも良いところです。LEDライトはまだ今のところ単価が高い商品ですが、普及すれば今後安くなるかもしれないので期待できます。