電球型の照明器具などを住宅に設置している場合があります。

例えば浴室やトイレ、階段などの部分や、玄関の照明ライトなどでも活用されています。

また室内の一般的な照明器具や、スタンド型として利用している照明であっても電球型のライトを用いているものが用意されています。

このタイプの多くは家庭用として販売されているものとして、口金のサイズが17ミリと26ミリタイプに分かれていることが一般的です。

現在では省エネのために白熱球をLEDライトに変更することも非常に人気があります。

用いるLEDライトによっても変わり、元々使用されていた白熱球のワット数によっても変わりますが、中には8分の1程度にまで消費ワット数を下げることができるために、大幅に電気料金を抑制することができます。

照明器具に関しては古いタイプであっても殆どのケースで対応しているために、便利に活用することができます。

LEDライトの場合では、表面温度が高温にならないために、多くの照明器具で使用することができます。