価格が高かったのからな

ご家庭の照明には蛍光灯を使っている方が多いでしょうが、点灯時には電力をたくさん消費しますので、小まめに消すよりはつけっぱなしのほうが電気代が掛かりません。

しかし電気代をもっと節約することが出来るのがLEDライトです。

LEDライトは発光ダイオードが持つエレクトロルミネセンス効果を利用して発光させています。

蛍光灯ではちらつきがあり目が疲れることがありますが、LEDライトなら安定した光を得ることが出来ます。

目に有害な紫外線も含まれていませんし、白熱電球のように高熱を持つことが無いので、ご家庭での照明に使用するにも安心感があります。

白熱電球や蛍光灯は寿命が来ると突然点灯しなくなりますが、LEDライトは寿命が来ても照度が落ちてくるだけで突然点灯しなくなることはありません。

白熱電球や蛍光灯はガラスでできているので衝撃を与えると割れやすいですが、LEDライトは丈夫で割れにくいです。

LEDライトは価格は比較的高価ですが白熱電球や蛍光灯より寿命が長く、省電力なので交換コストも抑えられますし、電気代も抑えることが出来ます。

LEDライトを開発するメーカーの努力で年々価格が安くなってきていますので、もう少し待ったほうが良いのではと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし手の届きやすい価格に下がってくるとまだまだ下がると感じてしまい、結局いつまで経っても交換することが出来なくなります。最近ではネット通販でも安く販売されていますので、早めに交換するほど電気代の節約効果で投資分を回収できるのが早くなります。

いろいろなメリットがあるLEDライトですが蛍光灯より照射角度が狭い、重量が重い、今の灯具に取り付け出来ないことがあるなどのデメリットがあります。

昼光色や昼光色などの明るさの性質が異なる製品があり、昼白色のほうがより自然光に近いです。

蛍光灯より暗いと感じたときには明るさの単位であるルーメンをチェックしてみて、値が大きい製品を購入されると良いです。