メーカーによる違いが大きくある

LEDライトは長く白熱電球を用いていた我々の生活に、驚きと感動をもたらしました。

そのことで、日本の経済さえも大きく揺るがしたと言っても過言ではありません。LEDライトの魅力を多くの人が知るところになり、照明器具の付け替え工事でLEDライトの生産が追いつかない状態も見受けられたのです。

電気が発見されて以来ずっと使い続けてこられた白熱球は非常に消費電力が高く、家計の消費電力の多くを占め家計を圧迫していたのは否めません。

しかしLEDは、消費電力も少なく60Wのものを使った場合で比較しても一年間の電気代を十分の一まで抑えることができるのです。非常にエコで環境に配慮し、家計にも優しいとあって一躍スターダムにのし上がったのです。

LEDライトの魅力はそれだけにとどまりません。その寿命が白熱電球の40倍であり、40000時間の寿命を維持できるのです。そのため高所などの電光掲示板など広告媒体などの照明としても最適なのです。

その都度人を遣い電球の交換をさせる必要もなく、メンテナンス維持費を非常にコストカットできるのです。また点灯、消灯を何度繰り返しても何ら寿命に影響がなく、点灯回数が頻繁なトイレや洗面所などの照明としても最適なのです。

コストカット、メンテナンスのし安さ、光熱費削減、寿命の長さ、環境配慮など良いこと尽くめのLEDライトですが、メーカーの違いによって多少の消費電力、耐久年数、明るさ、光の色に違いが見られるのです。

特に光の色はメーカーによってはっきりとした違いが出るので、できれば家電量販店でよくサンプルの光の色を比較検討して購入を決めたいものです。一般的に、太陽光に近い色が人間の目には優しく、目に負荷をかけないと言われています。

またメーカーによっては、LEDライトで電球色から白色に調光できるものなども販売されています。こうした調光機能のついたLEDは光の色で空間の雰囲気を変容でき利便性も高いのです。